ゴルフ場で映える写真を撮影する方法|マネできるテクニックも解説

ゴ「努力しているのにゴルフで映える写真を撮れない」と悩んでいませんか。どれだけ努力しても、基本的なポイントを押さえていないと映える写真は撮れません。お困りの方のために、ゴルフで映える写真を撮るコツを紹介します。フォトジェニックな写真を撮りたいと考えている方は確認しておきましょう。

「ゴルフで映える写真を撮るポイント」

ゴルフで映える写真を撮るには、下準備が必要です。写真を撮影する前に、以下の準備を整えましょう。

「おしゃれなゴルフウェアなどを用意」

映える写真に欠かせないのが、おしゃれなゴルフウェアやゴルフ用品です。景色が美しくても、ゴルフウェアやゴルフ用品がいまいちだと地味な写真になってしまいます。選ぶ際は、芝生の緑、空や海の青に映えるカラーを選択するとよいかもしれません。

「美しいゴルフ場を予約」

美しい景色も映える写真に欠かせません。どれだけおしゃれなゴルフウェアを揃えても、景色がいまいちだと残念な写真になってしまいます。映える写真を撮りたいときは、景色の良いゴルフ場を選びましょう。

「フォトジェニックな写真を撮るテクニック」

続いて、映える写真を撮るテクニックを紹介します。

「スイングは角度をつけて撮影」

誰もが撮りたい写真のひとつがスイングの写真です。正面から撮影すると、立体感や躍動感のない写真になってしまいます。これらを出したい場合は、斜め45度後ろあたりから撮影するとよいでしょう。

「フィニッシュ後の写真は被写体を横にずらす」

スイングのフィニッシュ直後も画になるタイミングです。後方から撮影した写真を見かけたことがある方は多いはずです。プロと同じように撮っているはずなのに様にならない場合は、プレーヤーを横にずらしてゴルフボールを中心に据えるとよいでしょう。これだけで躍動感のある写真になります。

「プレーヤー+ゴルフ場を意識する」

頑張っているのに映える写真を撮れない方は、プレーヤーに意識が向きすぎている可能性があります。背後にゴルフ場の美しい景色が広がっているはずなので、ゴルフ場にも意識を向けましょう。「美しいゴルフ場の中にいるプレーヤー」を意識すると映える写真を撮りやすいかもしれません。

「カメラの高さを変えてみる」

同じ景色でも、カメラの高さを変えるだけで見違えるような写真になることがあります。映える写真を撮れないときは、カメラの高さを変えてみることも解決法のひとつです。例えば、プレーヤーは、目線の位置よりも低い位置にカメラを構えることできれいに撮影できます。

映える写真を撮ってゴルフを楽しみましょう」

ゴルフは、プレーだけでなく映える写真を撮ることでも楽しめます。映える写真を撮りたい方は、おしゃれなゴルフウェアと美しいゴルフ場を用意しましょう。撮影テクニックにこだわることも重要です。スイングの写真は、角度をつけて撮影すると様になります。後方から撮影するフィニッシュ直後の写真は、ボールを中心に据えるとなお良くなるでしょう。コツさえつかめば、それほど難しくはありません。「習うより慣れよ」を胸に、いろいろと挑戦してみてはいかがでしょうか。

Page Top